MENU メニュー

閉じる

閉じる

デザイナーズシェアオフィス【EPISODE(エピソード)】デザイナーズシェアオフィス【EPISODE(エピソード)】

 

事業内容についてお聞かせください。

上山
レーザーによるコンクリート構造物内部探傷技術システム開発及び実用化を目指しています。
トンネルをはじめとしたコンクリート構造物の内部に潜んだ浮きや剥離などの欠損を探し出すための非破壊検査技術「レーザー探傷技術」を開発中です。

事業を始めた背景は?

上山
5年前から開発の事業に携わっています。
その関係で今の事業に出会い、これからの時代に必要な技術だと思い、現在CEOに就任しています。
日本中、世界中で鉄道や道路のトンネル・橋梁などは約50年の歳月を経て、老朽化が進み事故が発生しています。
私たちは、劣化したコンクリート構造物の検査システムを確立し、人々の生活を守ります。

また、会社を大きくすることで、アメリカンフットボールチームのNPO法人西宮フットボールクラブ(西宮ブルーインズ)のサポートをしていきたいという気持ちも大きいです。
そのために仕事をしています(笑)

EPISODEをご利用いただいていかがですか。

上山
もともと、こちらのオーナーと懇意にして頂いてたので、EPISODEに興味はあり、ちょうど仕事に集中できる環境を探していました。
見学してみて、感動し、すぐにこちらに決めました。
本町という立地も便利ですし、ビジネスラウンジやリラックスルームもあって適度に気分転換しながら、頭をクリアにしてまた集中できるので、EPISODEに入ってからとても私自身の仕事のパフォーマンスが上がりました。

そのおかげでつい先日、OSAP(OIH Seed Acceleration Program )というプログラムに選んでいただくことができました。
これで事業が迅速にIPOに向けて進んでいくと思います。
OSAPに選んでもらえたのは、本当にEPISODEで仕事ができたおかげだと思っています。

研究・開発されていて難しく感じることはどんなことでしたか?

上山
私が難しく感じたのは2つあって、一つは“チームを集めること”、もう一つは“集中できる環境を見つけること”でした。 EPISODEに入ることで、まず“集中できる環境”というのは整いましたし、“チームを集めること”もこの本町という人を集めやすい立地で、グッと前に進みました。 たまに来客があった時にも、「めっちゃカッコいいとこで仕事されてますね」なんて言われて気分が良いんですよ(笑)

今後の展望は?

上山
「大阪から世界にイノベーションを生み出したい」
一言でいうとこれです。
目下の目標は、我が社の技術を確立し、精度の向上と安全性の確保をしたいということなんですが、広い視野を常に持って、スケールさせていきたいと思っています。
そうやって会社を大きくする中で、NPO法人西宮フットボールクラブを日本一のアメフトチームにできるようなスポンサー企業になる、というのも私の中で大切な目標です。

あとは、このシェアオフィス内で、私は年長者の方なので、ここのメンバーのみんなの目標になれるような成功事例になれたら嬉しいですね。
今は忙しくて個室にこもっている時間も多いのですが、落ち着いたらこのビジネスラウンジで、若い人達の相談に乗ったり、力になっていけたらなと思っています。

ありがとうございました!

・株式会社レイソルテクノロジーズ : http://raysoltechnologies.co.jp/