MENU メニュー

閉じる

閉じる

デザイナーズシェアオフィス【EPISODE(エピソード)】デザイナーズシェアオフィス【EPISODE(エピソード)】

事業内容についてお聞かせください。

ヨビ

事業内容としてはいくつかあるのですが、一つは海外のスタートアップ企業の商品の輸入とローカライズです。
例えばCATCH BOXというフィンランド発の商品の日本で唯一の販売代理店をしています。

もう一つは、海外ビジネス情報のリサーチャーとコンサルタントをしています。
僕がヨーロッパで見たり聞いたりしてきた情報が欲しいと言って下さる企業が増えてきたので、必要とされる情報を提供したり、「この国に行ってこういう事を調査してきて欲しい」という依頼を受けてリサーチするということもしています。

事業を始めた背景は?

ヨビ

事業を始めた背景としては、大学を卒業してからしばらくは通訳・翻訳やWEB制作をしていたのですが、「自分にしかできない仕事、僕だけの事業がしたいな」という思いが湧き、ほとんどノープランの状態でしたが、とりあえず始めることにしました。
 他の人が全然挑戦しないようなことにずっと挑戦してきて、まずはブランディングというか、自分の名前を覚えてもらうことに注力していました。
 その甲斐もあって、先日「関西の企業の歩く広告塔となってヨーロッパの企業を取材して回りたい!」というクラウドファンディングで109万円のファンディングを受けることができ、ヨーロッパを一周して様々な国のスタートアップ企業の取材をしてきました。

 当初の目的はスタートアップ企業を回って良かったり面白かったりする商品を日本に輸入しようということだけだったのですが、僕のその経験自体というか、ヨーロッパに行くことで得た情報や向こうで構築した人脈を日本の企業から必要とされるようになりました。
これは自分が他の人がやろうとしない“ニッチなこと”に挑戦した結果だと思っています。
人脈の構築は自分でも思った以上にうまくできたと思っています。

どういったお客様のお役に立てる事業ですか?

ヨビ

現在僕にオファーを下さっているのはIT企業がメインです。
先日韓国に行ったんですが、韓国のスタートアップ企業やメディアからもちょこちょこお声がけいただいてて、テレビのお話もあります。
 日本企業でいうとアメリカのことはよく知っているけど、ヨーロッパのことは全然分からないということでそこの需要があります。
ヨーロッパ進出を考えている企業にはビジネスパートナーのご紹介など色んな面でお役に立てると思います。

今後の展望についてお聞かせください。

ヨビ

最初僕は5人くらいでチームを組んでアプリ制作だったりメディアの運営をやっていくイメージをしていたのですが、ちょっと方向転換をして、まずは自分だけで事業を進めて、自分のできることを全てマネタイズしてから人を増やすことを考えることにしました。
現在のオファーはIT企業からがメインですが、僕自身もまだまだスタートアップなので、分野にとらわれず頂いたオファーには応えられるようにどんどん挑戦していこうと思っています。フットワークは軽いですよ。

ありがとうございました!

・よとうさん.com : http://yotousan.com/